2008/05/26

フィーニックスの新たな視界

最新

説明:この平らな視界は赤い惑星を横切って広がっており、昨日火星に着陸後に{フィーニックス宇宙船(フェニックス宇宙船;Phoenix spacecraft)が見たものです。米国東部時間5月25日午後7:30(日本時間26日午前8:30)から少しして着陸したフィーニックスは、最終速度の制御に複数のロケットを使用した火星(2)軟着陸に成功しましたが、それは、1976年の複数のヴァイキング着陸船(1)(Viking landers)以来初めてのことです。2007年8月に打ち上げられたフィーニックスは、現在最北端に着陸しており、火星の北極地方にもしかしたらある氷が豊富な土壌を探査することをめざします。この着陸船が送り返してきた複数の画像とデイターが最初に示しているのは、それがほぼ完璧な降下後、素晴らしい状態であることです。一日中、最新情報が入手可能になるでしょう。

 

検索

明日の画像:より大きな画像

APOD(原文)著者と編集者:ロバート・ニーミャロフ(MTU),ジェリー・バーンニル(USRA)
APOD日本語版編集と翻訳:丹羽 愛一郎
 

運営

(1) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』>バイキング2号 から
(2) 月探査情報ステーション:ホーム> 月・惑星へ > 火星・赤い星へ > 火星探査 > これまでの火星探査 > これまでの火星探査一覧 から