2007/08/08

フィニックス、火星に向け上昇

最新

説明:火星(1)は生命を維持できるのでしょうか?この質問の解答に役立てるため、先週ナサ(NASA)が開始したのは、火星に向かう、{フィニックス(フェニックス)}の任務です。2008年5月にフィニックス(2)(Phoenix)は、未探査の火星の北極領域に着陸することを期待されており、そこは水の氷が豊富にあります。フィニックスは移動することはできませんが、それが展開できるのは、複数の写真機自動化された腕、及び小さな化学研究所で、それらで、着陸領域の調査、掘削、及び化学分析を行います。火星上の氷と水の歴史を語る手掛かりがフィニックスによって分かることが期待されています。フィニックスがまた、探査する用意ができているのは、氷と土壌の境界部で、微生物を維持しうる生存可能な領域の手掛かりが発見されることが期待されています。フィニックスがもつ、火星表面上での計画された稼動期間は3ヶ月です。

検索


明日の画像:
新旧

APOD(原文)著者と編集者:ロバート・ニーミャロフ(MTU),ジェリー・バーンニル(UMCP)
APOD日本語版編集と翻訳:丹羽 愛一郎
 

運営

(1)  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』> 火星 から
(2)  月探査情報ステーション:ホーム > 月・惑星へ > 火星・赤い星へ > 火星探査 > フェニックス から