2009/12/12

モニュメント・ヴァリー上空のふたご座流星

最新

説明:ふたご座流星群(1)(Geminids)は、今年良く見えることが期待されています。惑星地球が{かつて彗星だったと思われる(extinct comet)}{フェイアソン(ファエトン(3)Phaethon)}からの塵の多い残骸の中を通る時に作り出される、毎年あるこのふたご座流星雨(Geminid meteor shower)は、今年極大になるのが予想されているのは、世界標準時12月14日、午前5時10分(米国東部標準時午前12時10分;日本時間午後2時10分)です。北半球の観測者達にとっては比較的良く眺められ、夜通しで流れるふたご座流星群の写真に含まれることがあるのが冬の風景です。それは、この雪に少し覆われた画像のようで、合衆国南西部にあるモニュメント・ヴァリー地域(4)(Monument Valley region)の複数のビュートの上空の2007年のふたご座流星です。この流星の光跡を遡って示されるのは、ふたご座(2)(双子座)と、この流星雨の放射点であり、この眺めの左上端を少し外れたところにあります。{ライジェル(リゲル)}とともに、{オライオン座(オリオン座)}の剣とベルトの恒星が右上にあります。東の地平近くあるのが、明るい恒星、{プロシオン(プロキオン)}(左)と{シリアス(シリウス)}です。左遠くにある二つビュートは、ミトンズ(Mittens)として知られており、あきらかな注意としては、もし寒い12月の夜に流星雨を見たいなら、ミトンをしていくのは良い考えでしょう。

検索 

明日の画像:父と子

APOD(原文)著者と編集者:ロバート・ニーミャロフ(MTU),ジェリー・バーンニル(UMCP)
APOD日本語版編集と翻訳:丹羽 愛一郎
 

運営

(1) AstroArts>星空ガイド>特集>2009年 ふたご座流星群 から
(2) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 >(ふたご座) から
(3) 同上>(ファエトン (小惑星)) から
(4) GoogleMap>(Monument Valley region)>ストリートビュー から