2015/06/15
多彩な月の光環 最新

説明:月の周りにあるあの複数の多彩な輪(1)は何でしょうか?光環(a)です。このような複数の輪は、薄い雲を通して月を見たとき、時々見られることでしょう。この効果は、介在する(m)しかしほとんど透明な雲の中にある、個々が同じ大きさの水滴の周りで光の量子力学的な回折によって、つくり出されます。異なる色の光は、異なる波長を持ち、各色は異なる回折をします。月の光環は、肉眼で容易に見える少ない量子力学的な色彩効果のひとつです。この主役の月の光環が捉えられたのは、6月2日の満月"苺月(b)"の周りで、{アージェンティーナ(c)}のラ・プラタ(d)から見たものです。同様な光環が太陽の周りで形成されますが、太陽のすごい明るさのため、一般的には見るのはもっと困難です。

万歳(2){フィーレイ着陸器(e)}が家に電話!

検索 明日の画像30年
APOD(原文)著者と編集者:ロバート・ニーミャロフ(MTU),ジェリー・バーンニル 
APOD日本語版編集と翻訳:丹羽 愛一郎
運営
新検索 ランダム・エイポッド
(1) 月世界への招待 >月の知識>月のまわりの光の輪 から
(2) AstroArts >天文ニュース >2015年6月 >2015/06/15>史上初の彗星着陸から7か月 「フィラエ」からの信号を受信 から
(a) 光環:corona
(b) 苺月:Strawberry Moon
(c) アージェンティーナ:アルゼンチン、Argentina
(d) ラ・プラタ:La Plata
(e) フィーレイ:フィラエ、Philae
他言語版:
  2019 September 16 2015 June 15