2017/03/14
スペインにあるモンフラーゲ国立公園上空の暗い冬の空 最新

説明:あなたもこのような夜空を見ることができます。その理由は、この重ね合わせ画像が作り出された場所(1)である、スペインにある{モンフラーゲ国立公園(a)}が最近、潜在する将来の{光害(b)}からその夜空が正式に守られているとされたからです。その夜空の天体は、北半球の冬の間、引き続いて目立つはずであり、そしてこの主役の画像上に見えており、含まれているのは、{シリアス(c)}、{ビートゥルジュース(d)}、及び{プロシオン(e)}のような複数の大変明るい星々、{プリアディーズ(f)}のような明るい複数の星団、及び{キャラフォーニア星雲(g)}、{ばら星雲(h)}のような写真的には微光な複数の星雲です。100年前でも、多くの方が見慣れていたのは、今日の人々が見慣れていたよりももっと暗い夜空であった主要な理由は、現代の光害です。暗い夜空の地域として同様に守られているその他の公園に含まれるのは、{米国の死の谷国立公園(iv)}と{キャナダのグラスランズ国立公園(jk)}です。{アリゾウナ州のフラッグスタッフ市(ℓ)}のような地域と{ハワイィ州のビッグ・アイランド(mn)}の多くの部分もまたそれらの夜空(v)が守られています。

検索 明日の画像星々からなる円錐

APOD(原文)著者と編集者:ロバート・ニーミャロフ(MTU),ジェリー・ボネール(UMCP)  
APOD日本語版編集と翻訳:丹羽 愛一郎
運営
新検索 ランダム・エイポッド
(1) GoogleMap>(39.829395, -6.057352)>EARTH>streetview(EX-208 トレホン・エル・ルビオ, エストレマドゥーラ ストリートビュー - 5月 2012) から
(a) モンフラーゲ:モンフラグエ、Monfragüe
(b) 光害:ひかりがい、こうがい、light pollution
(c) シリアス:シリアス、Sirius
(d) ビートゥルジュース:ベテルギウス、Betelgeuse
(e) プロシオン:プロキオン、Procyon
(f) プリアディーズ:プレアデス、すばる、Pleiades
(g) キャラフォーニア:カリフォルニア、California
(h) ばら:薔薇、ロゼッタ、Rosette
(i) 死の谷:デス・バレー、Death Valley
(j) キャナダ:カナダ、Canada
(k) グラスランズ:グラスランド、Grasslands
(ℓ) アリゾウナ:アリゾナ、Arizona
(m) ハワイィ:ハワイ、Hawaii
(n) ビッグ・アイランド:ハワイィ島、ハワイ島、Big Island
(v) 動画 
 他言語版