2017/08/05
重力の微笑み 最新

See Explanation.  Clicking on the picture will download
 the highest resolution version available.

Gravity's Grin
Image Credit: X-ray - NASA / CXC / J. Irwin et al. ; Optical - NASA/STScI

説明:{アルバート・アインスタイン[a]}の一般相対性理論が発表されたのは100年以上前で、重力レンズ現象を予言しました。そして、それはこれらの遠方の銀河にこのような面白い姿を与えることがあり、それは、X線と可視光画像{デイター[b]}からなる"鏡"を通して見えていて、それぞれ{チャンドゥラ宇宙X線天文台[c]}と{ハボル宇宙望遠鏡[d]}から得られたのものです。{チェシャ猫銀河群[e]}という愛称が付けられた、この銀河群が持つ、二つの大きな楕円銀河がそれを思わせるように複数の弧によって組み立てられています。これらの弧は、遠方の複数の背景銀河の複数の光学像であり、前景にある銀河群が持つ、重力質量の総分布によるレンズ効果を受けています。もちろん、その重力質量で優勢なのは、{未知物質[f]}です。"目"にあたる、これらの二つの大きな楕円銀河は、併合中のそれらの特有な銀河群の中で最も明るい構成銀河であることを表しています。それらの衝突相対速度は秒速1350km近くあり、ガスを何百万度にも加熱し、X線の輝きを作り出しており、紫の色合いで表されています。銀河群併合についてもっと知りたいですか?チェシャ猫銀河群が微笑んでいるのは、{おおぐま座の中[1g]}であり、約46億光年離れています。

検索 明日の画像爆発する流星

APOD(原文)著者と編集者:ロバート・ニーミャロフ(MTU)、ジェリー・ボネール(UMCP) 
APOD日本語版編集と翻訳:丹羽 愛一郎
運営
ランダム・エイポッド
[1] GoogleSky>(RA 10h 38m 42s | Dec +48° 49' 15.8")>星座 から 
[a] アインスタイン:アインシュタイン、Einstein
[b] デイター:データー、data
[c] チャンドゥラX線宇宙天文台:チャンドラX線天文台、Chandra(X-ray Observatory)
[d] ハボル:ハッブル、Hubble
[e] チェシャ猫:チェシャー・キャット、Cheshire Cat
[f] 未知物質:暗黒物質、dark matter
[g] おおぐま座:大熊座、Ursa Major
 他言語版 | cs | de | en-GB | fr | gl | zh |
 2 2019 October 26 2017 August 5 2015 November 27